2013年1〜12月のトピックス

新年あけましておめでとうございます。今年も山あり谷あり、忘れた頃にガガガと更新する自由なスタイルで更新していきたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

さて、年明け一発目はペンケースネタです。昨年12月から怒濤の文具強化月間を展開したキッカケとなったのがこれなのです。そろそろカジュアルラインの万年筆を文字通り一絡げにしたいと思っていたところ、何気にネットで検索していて見つけたのがこのナガサワオリジナル キップレザーロールペンケース 10本差しでした。「こんなのが欲しかったのよ!」と思わず注文してしまったのでした。(つづく)

2013年1月5日

ペリカン M800 茶縞の B ニブ、予約しちゃった!!

ついつい掲示板のチェックを忘れ、お返事がとっても遅れてしまうことがあります。誠に申し訳ありません。今後は出来る限りチェックするようにしますので、よろしくお願い致します。

2013年2月8日

まだまだ「文具強化月間」継続中でして、あれやこれやネタ満載です。まずは、どうしても紹介しておきたかったコレから。

コレは、ハイタイドから出ている「ネーエ」ブランドのジェネラルパーパスケースで、ブロックロディアの No.11 がすっぽり入るサイズとマチ幅のもの。ロディア本体が入るだけではなく、内側に仕切りがあり外側にポケットがあるので切り離したメモを保管できるんです。現在使用中のインクメモ兼色見本などはケース内側に入れ、直近の ToDo リストはケース外側のポケットに入れるという使い方で超重宝しています。ロディアのケースは数あれど、書いたメモを保管できるケースってなかなか無くて、ずっと探していたんですよね。天神のデパートで偶然見つけて、「ロディアに使えたら良いな」と軽い気持ちで買っておいたのが大正解でした。

あと、最近『趣味の文具箱』のバックナンバーを読み返しています。実践的な記事やマニアックな記事は、バックナンバーの方が充実している事が多いんですよね。なので、思い切って「歯抜け号」を5冊まとめて注文してしまいました。Vol.1〜3 は結構高くなってしまっていてパスしたので、これで Vol.4〜最新刊まで揃う事になります。楽しみです。

2013年2月14日

万年筆ってやっぱりデリケートな道具で、ついそれを忘れて乱暴に書き殴ったりすると調子が悪くなったりすることがあります。以前はとにかく「研がなきゃ」って思って、ラッピングフィルムでなんとか調整をしていたのですけれど、ペンポイントを研ぐ事よりもペンポイントを揃えてスリットを広げる事の方が先だということにようやく気づきました。調整戻りを考えると本当に安定するまではそれなりに時間が掛かりますが、うまくいけば研がずにペン先を押したり引いたりゴニョゴニョしたりするだけで、それはそれは素晴らしい書き味になることがあります。ふふふ。

2013年2月19日


キター!! M101N のグリーンっぽい茶縞ではなく、今回の M800 は本物の茶縞!!ブラウン・オレンジ・シルバーが複雑に絡み合うその縞模様はとにかく美しい。キャップや首軸の色も黒に近い濃茶となっていて芸が細かい!!万年筆はやはりフローの潤沢な太字で書くのが快感なので、今回は M と少し迷いつつも B にしたのです。M1000 の柔らかな B とはまた違った硬めの B もまた良し。ペンポイントの状態も良く、とてもいい塩梅で書けます。インクは、濃い茶色が欲しかったものの、ペリカンにそのようなインクがないので、エーデルシュタインのオニキスを入れています。ふふふ。

2013年3月5日

M800 の茶縞は大変気に入って毎日使っているのですが、最近のペリカンって丸研ぎになってるんですね。知らなかったです。私が持っている M1000 は平研ぎの B で、先日買った M800 茶縞は丸研ぎの B。同じ B ニブでも趣が随分違って面白いです。ただ、M1000 の柔らかい「PF刻印」ニブだけはそのまま作り続けて欲しかったです。現行の「PF刻印無し」のニブはどんな塩梅なんでしょうね。

2013年3月9日

Signature