2012年1〜3月のトピックス

ヨメが初売りで洋服系の福袋を買ったのに自分は部屋着くらいしか買っていなかったので、思い切ってネットで注文してしまいました。色彩雫に新色も出たし、この時期講義で万年筆を多用するし。

まず、インクは以前に宣言していた通り「秋桜」と「竹林」を注文しました。これには迷いは無かったのです。問題は万年筆の方で、キャップレス・マットブラックと散々悩んだ挙げ句、私が持っている実用ラインで最も気に入っている一本であるパイロット カスタム ヘリテイジ92のスケルトン仕様をもう一本追加することにしました。カスタム74は F を、ヘリテイジ92は M を使っていて、さらに太いのが欲しかったので今回は B ニブにしました。

これでさらにスタメンを拡充することになるので、和ツムギ ロールペンケースをもう一つ追加して実用ライン万年筆とそれ以外(ボールペンとか定規とか)を分けることにしました。どういうわけか、私は実用ラインの万年筆は基本的にスケルトンの透明軸で揃えているので、追加したペンケースのカラーはキナリにしました。白いペンケースと透明軸って合うと思うんですよね。届くのが楽しみです。

2012年1月10日



カジュアルラインの新布陣が完成しました。やっぱり透明軸には白いペンケースがよく似合います。

今回、買ったインク2本をどうしてもスタメンで追加したかったので、実はカスタム・ヘリテイジ92の他にもう1本透明軸を追加してしまったのです。あまりいいのは要らないからということで当初はラミー・サファリにするつもりだったのですが、ここもパイロットで行きたいと思い、探してみるとプレラの透明軸なんてものがありまして。色彩逢い(いろあい)って名前からして色彩雫(いろしずく)ありきで企画されたようなペンです。

詳しい事は時間があれば個別にレビューするつもりですが、とにかくプレラが予想以上に良かったのです。F と M しかラインナップされていないのが残念。非金ペンで M でもかなり細いので、できれば B くらいで使いたいものです。

あと、この新色の二色、竹林と秋桜はどちらも非常に美しい色でした。数式を書く時なんかは濃くて鮮やかなインクの方がスピード感が出て気分が乗るので、これらの淡いインクは書いていて少し物足りなく感じた事もありましたが、書いた後で見るとどちらもとても綺麗なんです。個別に見ると、竹林は、もっと緑系インクのバリエーションを増やしたくなるくらい良い感じ。秋桜は、書き出し時に「インク交換直後で薄まった赤インク」という印象がどうしても拭えないのですが、私がピンク系が初めてなだけで、きっと慣れてくるはずだと思います。

2012年1月16日

色々本当にバタバタしていて更新できなかったのですが、前々から欲しい欲しいと思っていたものを思い切って注文したので近々また燃料を投下します。お楽しみに。

2012年2月28日

予告していましたブツはこれです。「Stylo Art 軽井沢」製作のブロッター!! 書いた後すぐにページをめくらないといけない講義の時 (私は数学の講義では通常、書画カメラ+ペン+ノートを使っているのです!) にいつも欲しいなぁと思っていました。あと、シャチハタじゃないハンコを押した時とか。で、思い切って注文してみました。

まだ届いたばかりで本格的に使ってはいないのですが、取っ手を持って紙の上でゴロゴロ転がしてみるだけで、握り具合といいフェルトの柔らかさといい丁寧な木工仕事の仕上げ具合といい、とっても良い塩梅なのです。エルバンやルビナートのブロッターなんかに比べると数倍値段は張るのですが、作りの良さは遙かに上なんじゃないかと思います (実際比べていないのでネットで見た限りですが)。良い買い物をしました。ふふふ。

2012年3月2日

前回のトピックスで書きました「Stylo Art 軽井沢」製作のブロッター、使い勝手抜群です。それほど頻繁には使わないかと思いきや、結構良く使います。ささっと書いて、ぱっとめくりたいときって結構ありますから。最近では蛍光ペンまで万年筆 (M205 DUO) にしてしまったので、これでハイライトを付けた後にごろんと転がすことも多いです。

こうなると吸い取り紙のスペアは沢山確保しておきたいところです。その辺ももちろん考慮して「Stylo Art 軽井沢」のブロッターを買ったのです。だって、安価な国産吸い取り紙(クラウンやコレクトやコクヨ)のサイズに合うように作られていますから。もちろん、クラウンやコレクトが作っているブロッターを使うという手もありますが、高級感を考えればこちらです。

私が買ったのはコクヨの吸い取り紙。16枚入りで100円前後です。クラウンやコレクトの方がもっと単価が安いのですが、クラウンやコレクトを扱っていてメール便で安く送ってくれるネット通販を見つけられなかったので、コクヨにしました。これでしばらくはスペアを気にせず使えそうです。

2012年3月21日

Signature