Brelio コードバン 5本差し

スペック

サイズ:約170×123×30mm
外張り:コードバン、内張り:ヌメ革
定価:27,300円 (税込・2008年4月現在)

インプレッション

ペンの本数が増えてくると全部まとめて一つのペンケースに入れて持ち運びたい、という欲求が出てくるものです。私も例外ではなく、自分にとっての究極のペンケースを探していました。欲しいペンケースの条件として私が挙げたのは、(1)4本以上差せて太いペンも入る、(2)ずっと使える丈夫な革製、(3)ペンを完璧に保護する、(4)取り出しやすい、(5)値段が高すぎない、の5つでした。そして、このBrelio コードバン 5本差しがその条件を全て満たしていました。それでは、順を追ってみてまいりましょう。

まず、この無骨とも言える外観がいいんです。最も強靭で革の王様と言われるコードバンの光沢もあいまって、その風貌はまさに大人のランドセル。洗練されたデザインのペンケースを求める方にはちょっと野暮ったいかもしれませんが、私は凄く気に入っています。このペンケースを買ったことで、美しくて強いコードバンの魅力にはまってしまいました。

機能としては、仕切りのある通しマチタイプで、太いペンでも楽に収納できます。この仕切りは、等間隔で背面内側に固定されていて前面内側はフリーになっていますので、ペンの太さがばらついていても問題ありません。マチがあるため、太いペンを内側に、細いペンを外側に入れればより収まりが良くなります。厚みのあるコードバンを使っているため、クリップで固定するという差し方ではなく、中にすっぽり入れる方がいいと思います。それでも、隣どうしのペンがぶつかることはありませんし、あまりグラグラすることもありません。ジッパーなどを使わず、カバーを差し込むタイプなので、取り出しやすさは抜群です。

価格は、一般的なペンケースとしては高価ですが、コードバンを使った5本差しということになると破格なほどだと思います。コードバンで有名な Brelio が作っているということもあり、革の品質、縫製の品質は折り紙つきです。一生もののペンケースとして使っていける逸品ですよ。

2008年4月4日 初出

Signature