MONTBLANC ロイヤルブルー

スペック

内容量:50ml
定価:1,680円 (税込・2009年7月現在)

インプレッション

万年筆用インクの王道は、保存記録用途がブルーブラックで一般用途がロイヤルブルー、というのが私の個人的な認識です。そして、数あるロイヤルブルーの中でも、モンブランのロイヤルブルーには特にスタンダードさを感じます。それは、彩度の高い青紫の色味しかり、ハッキリと濃いめの濃度しかり、サラサラっとしたフローの良さしかり、です。

私も、149 購入当初はこのロイヤルブルーを好んで使っていました。ところが、これでノート一面にびっしり書いたりすると、紫寄りの色味といささか鮮やか過ぎる発色に「疲れ」を感じるようになり、別の落ち着くインクを探すようになりました。ただし、このような大量筆記用ではなく、マーキングや添削やちょっとしたメモやサインなどの用途にはいいと思います。

なお、このインクは予想以上に酸性に寄っています(pH 2.89, 趣味の文具箱 Vol.11 p.103 参照)。最近のインクが中性寄りであることを考えると、このインクは古き良き伝統に従っているのかなぁということが想像できます。

2009年8月11日 初出

Signature